乾為天 | 易の六十四卦(64卦)について知る

易で占ってもらった結果をおさらいしたい。

自分で卦を出したけど意味が良くわからない。

そんな方のための解説ページです。

 

易の六十四卦(64卦)についてまとめていきます。

この記事では乾為天についてまとめています。

 

乾為天(けんいてん)の解説

卦辞(かじ):乾は元いに亨る。貞しきに利ろし。(けんはおおいにとおりて、ただしきによろし)

※卦辞(かじ)とは、易の六十四卦(64卦)について説明してある文章のことです。

 

乾(けん)とは、天のこと。

天の広大さや、万物を育てていく根源エネルギー、はじまりや出発点を表します。

 

乾が表すものは力強さ。

質実剛健という言葉の通りです。

実直だけど融通が利かない。

そんな不器用さを持ち合わせています。

 

血気盛んな時でやる気に満ち溢れている。

進めば物事は形になる。

盛運の時であるが、選択を誤ると裏目に出るので、冷静さ持つことも大切。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP