坤為地 | 易の六十四卦(64卦)について知る

易で占ってもらった結果をおさらいしたい。

自分で卦を出したけど意味が良くわからない。

そんな方のための解説ページです。

 

易の六十四卦(64卦)についてまとめていきます。

この記事では坤為地についてまとめています。

 

坤為地(こんいち)の解説

卦辞(かじ):坤は、元いに亨る。牝馬の貞に利ろし。君子往く攸有るに、先ずれば迷い、後るれば主を得。西南に朋を得、東北には朋を喪うに利ろし。貞に安んずれば吉。
(こんは、おおいにとおる。ひんばのていによろし。くんしゆくところあるに、さきんずればまよい、おくるればしゅをえ。せいなんにともをえ、とうほくにはともをうしなうによろし。ていにやすんずればきち。)

※卦辞(かじ)とは、易の六十四卦(64卦)について説明してある文章のことです。

 

坤(こん)とは、大地のこと。

天を父とするのではれば、地は母となります。

女性性という部分で、積極的ではなく、他に従うのを本分とします。

 

大いに亨るとは、成就するということ。

だけど、それには条件があって、

  • 法則に従う
  • 流れに逆されない

起こった出来事をについて受け身でいる必要があります。

 

自己解決しようと勇んだり、起こったことを覆そうと動くことは凶事となります。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP