• 占い

畜という言葉から自分の立ち位置を見極める

今日はどんなことをブログに書こうかな。

そんなことを考えていると、ふと「畜」というワードが思い浮かびました。

その閃きにも何が意味があると思って、今記事を書いています。

何かを伝えるというよりも、畜というワードから思いつくことを書いていきます。

 

畜の意味を深堀する

畜と言う字をみて、どんなイメージが出てきますか?

 

僕がすぐに感じるのは「貯蓄」です。

占いを勉強するようになってから、連想するものが変わりました。

 

知識が付くと、視点が変わります。

視点が変わるということは、物事の見え方が変わること。

物事の見え方がかわるとは、世界が変わること。

 

その言葉通り、畜という言葉で文章を書くことができるようになっています。

 

占いを勉強する以前は、畜という字をみると

  • 畜産
  • 家畜
  • 畜牧

などの言葉を思い浮かべ、牛や馬や豚などの動物を思い浮かべていました。

 

畜という字には、蓄積という言葉があるように、たくわえるという意味があります。

畜は田の上に玄と書きます。

玄には黒いものという意味がありますが、中国では澄んだ水のことを黒水と呼びます。

田の上の水は、湧き水であり、つまりは水が畜えられた泉のこと。

 

易には、たくわえる意味の持っている卦で

  • 山天大畜(さんてんたいちく)   
  • 風天大畜(ふうてんしょうちく)   

という卦があります。

  • 大畜は言葉の通り、十分な備え、これ以上は必要ない。準備完了。
  • 小畜は、力不足、少し待った方が良い状態。準備不足。

というような考え方ができます。

 

水は高い所から低い所に流れるもので、傾く、流れ落ちることから苦難を意味します。

風水では水は財を表します。

大畜のような時は、十分な潤いがあり、困難がないとき。

小畜のような時は、畜わえが不十分で、苦労が必要なタイミング。

 

大畜のような状態で、さらに力を持ちすぎると溢れて水害となります。

つまり、必要以上に求めると、あらぬトラブルを引き起こします。

それが身の丈にあったということ。

自分の器は、泉の大きさです。

 

また、水には染みわたるということから思慮深さを表します。

そのため、水には知識とか直感とか、そのようなイメージがついてきます。

 

それを先ほどの畜で考えると、大畜は十分な知識をもっていることになる。

小畜は勉強不足とも考えることができる。

必要以上に知識だけで詰め込んでも、頭でっかちとか口先だけとか、体を動かさないとか凶となりえる。

 

何を言いたいかというと、自分の立ち位置を知るといいよってこと。

自分の立ち位置を「畜」という言葉で推し量ると、今後の見通しができてきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

1/15(月)~1/17(水)東京での対面セッション募集中

対面セッションは仙台、東京を基本としています。

1/15(月) 10:00~
13:00~
1/16(火) 10:00~
13:00~
1/17(水) 10:00~
13:00~

1/15~1/17は、東京にて対面セッション可能です。

もちろん、Zoomでのセッションも承っています。

開始時間の調整も可能です。

セッションご希望の方はお問い合わせください。

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP