受験が終わったら後は新生活が待っている。内見するならお部屋の空気を感じ取って。

受験や入社試験が終わり、卒業をした後に待っているのは新生活。

進学や新社会人になると、お部屋探しをする機会が増えると思います。

 

これからお部屋を探します。って方にお伝えしたいのが、

内見するなら、しっかりお部屋の空気を感じ取って欲しいということ。

 

僕は、日当たりの悪い部屋は良くないと、引っ越してから気がつきました。

寝て帰るだけだからと、家賃重視で決めた20代。

 

住んでみて分かったのが、

なんとなく部屋の空氣が澱みます。

 

シャキッとしない。

 

部屋がリセットできていない状態。

なんか、もやもやする。

 

だから、帰宅しても、

  • ・リラックスできない。
  • ・疲れが溜まる
  • ・なんとなく気分が上がらない
  • ・寝つきも悪い
  • ・テンションも下がる

と自分の心身に、何一つ良い影響がありませんでした。

だから、その当時のお部屋は良い空氣ではない。

 

身体で感じたことを知りたいのもあり、

風水を学ぶようになりましたが、更に納得したのが、

全て物事には氣の流れがあるということ。

 

わかりやすく言えば、空氣の流れです。

風水は自然の考え方なので、温かい空氣と冷たい空氣で氣の流れができます。

日当たりが悪い。

ということは空氣の流れがないこと。

 

窓を開けたら?

と思われた方もいると思います。

 

良くないことに、

窓を開けても全く風が入ってこない部屋でした。

 

太陽が沈んで月が昇る。

この自然の流れに沿った部屋であることが望ましいとその時感じました。

 

だから、声を大にして伝えたいのは、

難しいと考えず、内見をしたときに、あなたの気分が心地よくなる所にしてみてください。

これが1番良いお部屋の選び方です。

 

僕自身、自分で試して体感しています笑

  • しばらく引っ越しができない
  • 物件を買ってしまった

という場合、

最善のレイアウトでより良く運氣を上げることもできますので、

ぜひご相談頂けたらと思います。

 

お問い合わせ

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP