一命、二運、三風水。開運で1番大切なことは天命を知ること

僕は好きな言葉。

というよりも、大切にしている言葉があります。

それは

  • 一、命
  • 二、運
  • 三、風水
  • 四、積陰徳
  • 五、唸書学問

という言葉です。

 

これは中国の格言で、人生において重要とされているものが、まとめらている人生訓です。

五つめ以降も、

  • 六、名
  • 七、相
  • 八、敬神
  • 九、交貴人
  • 十、養生
  • 十一、擇業與擇偶(天職に就き、良い伴侶を得る)
  • 十二、趨吉及避凶(凶を避けて過ごしていれば、自然に吉に趣く)

と続くつのですが、私が良く使う趨吉避凶(すうきちひきょう)という言葉も、この格言の中にある言葉です。

 

一命、二運、三風水を大切にする

自分の人生を良くするには、天命を知り、運を知り、風水を使うこと。

また、善い行いをして、勤勉に努めることで運は自然と上向くと説いています。

まさに、開運に繋がる考え方です。

 

一命、二運、三風水、四積陰徳、五唸書学問について簡単にお伝えします。

 

一命

1つ目の命とは、天命のことです。

人生は定められていて、起こる出来事は天の計らいによるもの。

つまり、生まれる前から予め決まっているという考え方です。

宿命と言ったりもします。

 

2つ目の運とは、運命のことです。

天の運ではなく、地の運。

自分の運は10年ごとの大きいサイクルで動いています。

今訪れている運の流れを読みながら、物事を決めていくことが重要ということ。

 

三風水

3つ目は風水です。

自分が長時間を身を置く場所。

主に住環境に当たりますが、風水で気の流れを整え、個人の力を最大限に活かすように整えることが大切です。

 

四積陰徳

4つ目の積陰徳は、善い行いをしても口にしないということ。

見返りを求めず、損得勘定を持たず善を尽くす。

そうすることで自分に運が入ってきます。

 

五唸書学問

5つ目の唸書学問とは読書や勉強を意味します。

要は学びの事を伝えいています。

 

開運で1番大切なことは天命を知ること

開運で1番大切なことは天命を知ることです。

次いで大運を知り、風水を実施し、徳を積み、勉学に努める。

これを、大切にしていけば気が変わり、自分の人生を変えていくことができます。

 

1~3つめの訓は、運に関わることを説いていますが、

4と5に関しては、人としての在り方を説いています。

 

天命を知ったり、大運を知り、風水で環境を整えていても、活用をしなければ意味がありません。

運は貯めるだけでなく使う事も大事です。

そのためには、影の努力が必要になっていきます。

 

天命を知ること、大運を知ること、風水で環境を整えること。

僕は運をお伝えするうえで、一命、二運、三風水についてお伝えできるように学びを深めてきました。

 

天命を知るというのは、人生の羅針盤を持つことに等しいです。

 

自分の天命を知り、大運を知れば、運を上手に活用していくことができます。

自分の運を知って、幸運体質に変わっていきたいとお考えの方は、お問い合わせください。

 

お問い合わせ

 

1/15(月)~1/17(水)東京での対面セッション募集中

対面セッションは仙台、東京を基本としています。

1/15(月) 10:00~
13:00~
1/16(火) 10:00~
13:00~
1/17(水) 10:00~
13:00~

1/15~1/17は、東京にて対面セッション可能です。

もちろん、Zoomでのセッションも承っています。

開始時間の調整も可能です。

セッションご希望の方はお問い合わせください。

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP