本気で生きるとは「意識的に生きること」

自分の人生、本気で生きていますか?

このように聞かれたら、あなたはどう答えますか。

 

  • ちゃんと本気で生きている
  • 現状をなんとかしようと努力している
  • 自分なりに頑張っている

 

色々な答えが出てくると思うんですけど、その上で、もう一度お聞きします。

本当に、本気で生きていますか?

おそらく多くの人がこの質問で、答えがブレると思います。

 

僕もそうでした。

頑張っているんだけど、本当に?って聞かれた時に「はい」と言えませんでした。

だから今は「本気で生きる」が当たり前になるように、強く意識して生活しています。

 

本気で生きる。

言葉の安売りかって思うほど、世の中では「本気で生きる」に近しい言葉をよく見聞きします。

でも本気で生きるってめちゃくちゃ難しい。

そもそも本気で生きるってどういうこと?って、ところからだと思います。

 

僕は本気で生きるとは「意識的に生きること」だと思っています。

 

自分の生活を見直す

自分自身が、本気で生きているのかを知る指標となるのが、自分の生活スタイルをみることです。

  • 普段使っている物
  • 自分の発言
  • 部屋の配置

これらを見た時に、曖昧な答えになっていないかが判断のポイント。

 

要は、目の前のことに「全集中していますか?」ってこと。

 

自分の持ち物だったら、本気で使いたいって思って選んでいるかどうか。

なんでそれを選んだの?って聞かれた時、曖昧な答えにならずに、ちゃんと自分の中の意見を伝えることができるか。

自分の意見を出せるということは、それだけ向き合っている証拠です。

 

自分の人生、全ての物事に意識的に介入すること。

自分の事を置き去りにしたまま、話を進めない。

別な言葉で伝えるなら、流されないようにする。

 

それが、本気で生きることです。

だから、本気で生きようと思ったら、正直疲れます。

 

こんな風に書くと、なんだか脅してるみたいですね。^ ^;

今まで気にしていなかったところに、意識を向けるので、どうしても最初は疲れます。

でも、慣れてきたらそれが当たり前になるので、疲れません。

最初は、心も体もびっくりするかもしれませんが、追々、自然とできるようになっていきます。

 

本気で生きることがなぜ大切なのか

「本気で生きていないとは、自分に対して嘘をついて生きている」ことだと僕は思っています。

 

好きでもないものを使っていたり、目を向けないようにして生きる。

それは、自分の心をごまかして生きていること。

知らず知らずのうちに、自分に嘘を重ねているんです。

 

だから、自己肯定感が下がりますし、自信を持つことができません。

無意識であっても、嘘を抱えて生きているんだから、そりゃ自信も持てないよねって話です。

 

僕が本気で生きていなかった時は、全てが中途半端。

  • 最後までやり遂げることができない。
  • 途中で意識が分散する。

そんなことばかりでした。

 

なんていうのかな、表面的にはちゃんとやっているつもりなんです。

でももっと深い部分。意識の向け方が100%だったかと問われると、そうじゃなかった。

 

そうやって気づいたことを意識して、本気で向き合うようにした結果。

  • 最後までやり遂げることができるようになった
  • 自信が持てるようになった
  • 胸を張って自分を認められることができるようになった

このような変化がありました。

 

その理由は、自分の行動に責任を持つことができたからだと思っています。

つまり、本気で生きようとすると責任感が芽生え、結果的に自己肯定感が自然と沸き上がるようになります。

 

出来ることから意識を変える

本気で生きるって難しそうだなーって思ったら、考え方を変えてみるといいです。

  • 夜眠りにつく時に、今日も一日生き切ったと言えるようにする。
  • 「なんとなく」などの曖昧な言葉を使わないようにする。

 

シンプルに、全ての物事に理由をつける。ってだけ考えてもいいです。

 

意識を向けるということは、自分の選択に意思が宿るということ。

意思が宿るというのは気が入ること。

だから、言葉や物に力が入ります。

 

言葉だったら言霊となるし、物だったら開運グッズに変わります。

意識的に生きると、見える世界が大きく変わります。

 

  • 考え方がよく分からない。
  • 自分の場合はどうなのか一緒に考えて欲しい
  • 客観的にみてもらたい

そんな方は、ぜひお声がけください。

セッションについて

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP