自分の運の状態に気を使ってる?運気が落ちている時は無意識に悪い選択を選ぶ

自分の運の状態を知ることは難しいです。

多くの人は、良いことが起こったときに運が良いと自覚し、

悪いことが起こったときに運が悪いと判断します。

 

はたして、本当にそうなのでしょうか。

 

悪いことが起きたことが運が良いことなのかもしれないし、

良いと思っていたことは悪いことの伏線となる可能性もあります。

 

こんな感じで、運っていうのは簡単に判断できるものではありません。

だからこそ、自分の運の状態を知ることは難しいんです。

 

運が悪いときの状態をちゃんと知る

運が良いとと悪いときというのは、どのような状態であるか考えた時はありますか?

 

運が良い時は自分にとって総合的に良くなるような物事が起こりやすくなります。

だから、良い運のときでも嫌なことは辛いことは起こります。

その経験をしたことで、飛躍できるとかプラスに動くような働きが起こります。

 

悪い運のときはその逆のようなことが起こります。

無意識に悪い方の選択をしやすくなるんです。

悪い状況から抜け出すことを嫌がったり、自分が本当に望んでいないのにそれが最適と思ってします。

 

例えば、人間関係や仕事など嫌だと思っていても、そこに留まり続けたりします。

 

周りの人が心配から「早く〇〇した方が良いよ」というようなアドバイスをもらっても、

深刻な問題として捉えていなかったり、

できない理由を探したり、何かと運の悪い環境に残ろうとします。

 

これは運が悪い人の行動ともいえるのですが、運が悪い時は無意識にそんな選択を選びがちです。

ですので運が悪い時期というのは、悪い運が過ぎるまで大きい行動はしないというのも一つの考え方です。

 

行動も大切なんだけど、

どのような行動をするのか意識する方がもっと大切です。

 

運が難しいのは、自分では調子が良いなって思っていても、

運の流れとしてはそうじゃないことがあるからです。

自分では最善の選択だと思っているのに、そうじゃない。

 

そもそも自覚がないので、自分で気づくのは困難です。

 

だから自分の考えを否定してくる人がいるものなら、

悪者に仕立て上げたり、遠ざけようとしたり、

人間関係もおかしいことになっていきます。

 

そこで気づければいいのですが、大抵の場合気づくことができず、ギクシャクしていきます。

 

こうやって悪循環になっていくのですが、その悪循環を止めるのが、運を上げるという事。

 

運を上げるためには、自分が運が悪いと自覚しないといけない。

そのためにも、運の悪いときの状態をちゃんと知ることが大切です。

 

生年月日を使う占いで運の流れを知る

自分の状態を知って、運が悪くなる行動をしないのも大切ですが、

自分の運の立ち位置を、手っ取り早く知ることができるのが占いです。

 

占いは

信じる、信じないではありません。

当たるか、当たらないかです。

 

当たったのならどうして当たったのか、

外れたら何が原因なのか。

そのような感じで運を分析しています。

 

そのように運の分析ができるのは、

生年月日を使った占いです。

主に命占と呼ばれるものです。

私は四柱推命という占いを使っています。

 

一言に運が悪いと言っても、

漠然としすぎてわかりませんよね。

  • 人間関係
  • お金
  • 人気や評判
  • 健康

運が悪い時は

全体的に気を付ける必要があるのですが、

特に何に対して気を付けないといけないのかを

知ることができます。

 

それは占いで運の法則、リズムを読んでいるからです。

つまり、運の流れを知ることができます。

 

運が悪い時だったり、なんか調子が良くないなって時は、

自分のことを見直してみる時間を作ると改運に繋がります。

 

今まで自分に取り入れたことのなかった視点をもつことで、

新しい運が作られていきます。

 

少しでも運をよくしたいと思うのであれば、

自分の運に関心を持つことが最短です。

自分の運について

詳しく教えて欲しいって方はご連絡ください。

 

お問い合わせ

 

1/15(月)~1/17(水)東京での対面セッション募集中

対面セッションは仙台、東京を基本としています。

1/15(月) 10:00~
13:00~
1/16(火) 10:00~
13:00~
1/17(水) 10:00~
13:00~

1/15~1/17は、東京にて対面セッション可能です。

もちろん、Zoomでのセッションも承っています。

開始時間の調整も可能です。

セッションご希望の方はお問い合わせください。

 

お問い合わせ

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP