開運と改運の違い【知るだけで運気が上がる豆知識】

年末年始には開運という言葉をよく見かけます。

それ以外でも、テレビや雑誌でも開運という言葉が使われますが、

僕は、開運するためには改運が必要と考えています。

 

開運ではなく改運という視点で運をみる

改運って間違った言葉じゃない?

そう思われる方もいるかもしれませんね。

パソコンや携帯で文字変換して出てくるのは、開運です。

 

じゃぁ、改運って何?ってなると思うんですが、

改運とは自分の意思で運を改めること。

自らの行いで運を変化させていくという考え方です。

 

開運は、運を開いていくもの。

分かりやすく言えば、外部的な影響によって変化するもの。

例えば、今年の運気による影響や、環境によって運が良くも悪くも作用するものです。

 

つまり、無意識でも影響を受けてしまうものが開運。

一般的には、開運というと運が良くなることを指しますが、

運が開くのが吉か凶なのかは関係ありません。

 

開運よりも、改運をして自分の運を良くすることが、

運気を上げるには確実です。

運気上げたいのなら、開運ではなく改運という視点で運をみることです。

 

改運の根本になるものが、行動を起こすことです。

 

1/15(月)~1/17(水)東京での対面セッション募集中

対面セッションは仙台、東京を基本としています。

1/15(月) 10:00~
13:00~
1/16(火) 10:00~
13:00~
1/17(水) 10:00~
13:00~

1/15~1/17は、東京にて対面セッション可能です。

もちろん、Zoomでのセッションも承っています。

開始時間の調整も可能です。

セッションご希望の方はお問い合わせください。

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP