2月10日は2024年が本格的に始動します。風水で新しい運を取り入れる

2024年2月10日は旧暦におけるお正月の日です。

春節という言葉を聞いたことがあると思うのですが、春節は旧暦の新年を祝う中国におけるお正月のこと。

 

この時期には少し前に節分・立春があります。

節分は大晦日で、立春がお正月。

そんな言葉をよく使いますが、それは例えです。

 

二十四節気において一番最初にくるのが立春です。

1年の切り替わりとなるのは、二十四節気以外にも年度もあります。

年だけが新年ではありません。

つまり何をもって新年とするかで、大晦日、お正月の例えが使えます。

 

新暦(太陽暦)における新年は1月1日。

旧暦(太陰暦)における新年は毎年変わります。2024年は2月10日。

ということで、新暦においても旧暦においても2024年になりました。

これから2024年が本格的に始動します。

 

風水で新しい運気を取り入れる

2024年が本格的に始動し始めました。

このタイミングで新しい気を取り入れて、2024年をスタートダッシュさせませんか?

 

自分の宿命を知る、命。

今年のタイミング知る、運。

家の中の運気を取り入いれる、風水。

 

何を取り入れても良いのですが、

今すぐ運を整えたいのであれば、環境を良くすること。

新しい気を取り入れるのであれば風水を試してもらいたいです。

 

一般的に風水というと、西に黄色で金運にいいと言われています。

確かに、西に黄色で金運が良くなる人もいると思います。

でも、良くなる力があるという事は、悪い方に動く可能性もあるということ。

 

当たることもあるだろうけど、

間違った時のリスクを考えるのであれば、

その言葉を鵜呑みにして安易に配置を決めるのは危険だと思っています。

 

風水とは学問です。

理論がしっかりあって、なぜ、どうしてがあるから答えを出すことができます。

その上で検証し、結果が繋がり、答えに力が帯びていく。

 

だから誰に鑑定してもらえるかって、めちゃくちゃ大事です。

 

なんでかわからないけど、こうすると良い。

良くなるも理由も、悪くなる理由も分からないまま動かすのは危険な橋渡り。

今は良くても、後から悪くなるということも考えられるからです。

 

家の配置を変えるだけで、気は動きます。

それがあなたにとって影響を与えるのは確実です。

それが吉と出るのか、凶と出るのか…。

 

そうならないために、後悔しないために、自分の運に本気で向き合う。

なんとなくで、鑑定をする人を決めない。

それも新しい運を切り開くポイントとなります。

 

2024年2/18(日) 東京で開催されるイベントに出展します

イベント出店のお知らせです。

2024年2/18(日) 、東京で開催されるスピリチュアルイベント

「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出展します。

 

このイベントでは、風水の簡易鑑定を取り入れます。

  • 風水で見る本質鑑定
  • 運が良くなるベッドの配置

など、お話を伺いながら整えた方がよいポイントについてアドバイスをいたします。

風水の鑑定に興味があるは、ぜひご予約ください。

 

日時 2024年2月18日(日) AM10:30~PM17:00
場所 東京都立産業貿易センター(台東館)4F
入場料 無料

ご予約受付中です。

 

イベントではお得にセッションを受けるチャンスとなっています。

雨龍光のセッションに興味があるって方は、この機会に鑑定を受けてみてください。

ご予約希望の方はお問い合わせください。

 

詳しくはこちら

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP