• 占い

【三元九運】時代が変わる第九運。成功者は運の切り替わりの時期を知っている

2024年は大きい運気の切り替わりの年として、何年も前から注目されていました。

 

というのも、風水では三元九運(さんげんきゅううん)という考え方があります。

これは、運には第一運~第九運までの区分があり、20年ごとに運の入れ替わるというものです。

つまり運が一巡するのは180年ということですね。

 

現在は第八運なのですが、2024年2月4日からは、第九運に切り替わります。

 

第八運はどのような運気だった?

そもそも、第八運期はどのような運気だったのか気になりますよね。

占いでは象意という、その場所(時代)を表す象徴を読み取って運の流れを掴んでいきます。

 

第八運の象意は

土・山・少男(若い男性)

変わり目・変化・停止・保守・忍耐・東北方位などの様々です。

 

このような象意から時代を読むと、

  • 変化と再生
  • 若い男性の活躍

する時代であると言われていました。

 

東日本大震災、コロナ禍などによって、生活様式が変わってきました。

若い男性の活躍というように、ベンチャー業界など若い男性が脚光を浴びる機会が多かった気がします。

 

第九運は中年女性が輝く時代

それでは、第九運気はどうなるのでしょうか?

 

第九運の象意は

物事の終わり、先進性、研究、名誉、美容、中年女性などの象意があります。

 

第八運では若い男性が目立つ時代と言われていました。

第九運では、中年女性の活躍する時代と言われています。

女性の社会進出がより一層進み、女性経営者が増えることが考えられます。

 

また第九運は「離」と呼ばれる八卦になり、五行では火に属します。

火の性質から、隠れていたことが明るみになると言えるでしょう。

努力してきたものが評価されるようになったり、隠蔽していたものが表に出てくる。

そんなことが考えられます。

 

また、離の象意としては

争い、学問、精神、発見、輝く、芸術、手術、発明、美容というような象徴があります。

これらに関係する物事が強く世の中に出てくると言えるでしょう。

 

運にそった行動をする

運を活かして生きるのは、時の運を知るからできることです。

 

九には芸術や美容という象意がありました。

見られることに意識を置いた方がいいということが分かります。

 

例えばビジネスとして考えてみるのであれば、

純粋に自分の姿を整えることにポイントを当てることや、

商品パッケージだったり、

チラシやHPなど人目につくものを整えることが良いと言えるでしょう。

 

見た目の美しさ、煌びやかさ、そんなことに意識を向けると、運に沿った行動に繋がっていきます。

 

ロゴの一新、名刺、チラシなど、目に視える部分を整えるお仕事も承っています。

運を取り入れて、ビジネスを成長させた方は、一度お問い合わせください。

 

デザインについて

 

1/15(月)~1/17(水)東京での対面セッション募集中

対面セッションは仙台、東京を基本としています。

1/15(月) 10:00~
13:00~
1/16(火) 10:00~
13:00~
1/17(水) 10:00~
13:00~

1/15~1/17は、東京にて対面セッション可能です。

もちろん、Zoomでのセッションも承っています。

開始時間の調整も可能です。

セッションご希望の方はお問い合わせください。

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP