気が宿ったものに人は惹かれる。心を癒すレインボー般若心経

2024年4月23日〜4月28日の期間に

恵比寿にある弘重ギャラリーで開かれていた、

レインボー般若心経心経展に行ってきました。

 

レインボー般若心経は、

書をアートとしても楽しむことができるように。

という思いから、

僕のクライアント様でもある佐藤清景先生が考案されました。

 

今回も展示会を開くにあたってチラシの制作をご依頼くださいました。

いつもお世話になっている、とても気さくで素敵な方です^ ^

 

先生の作品を見たいと思って、仙台から東京に向かったわけですが、

行って良かったなという一言に尽きます。

 

 

展示会に行って一番最初に感じたことは、

やっぱり、生で、自分の目で直接みた方がいい。

ということです。

 

なぜかというと、作品がキラキラしているからです。

生きているような印象を強く感じました。

 

これには理由が2つあると思っています。

 

まず1つ目が、デジタルと本物の違いです。

 

今はパソコンだったり、携帯だったり、

身近にあるデバイスが高画質になっているので、

作品を知ったような気分になりがちになります。

(先生は、インスタグラムでも作品を掲載しています)

 

それでもやっぱり、画像ではどうしても表現しきれないところが沢山あります。

それは色味の限界もあるだろうし、デジタルなので本物ではありません。

 

展示会に行って、実際に目にして、

  • あー、この作品は本当はこの色味だったのね。
  • 光沢のある紙質だなー。
  • 墨には艶があるんだなー。

というように、

本物の質感を感じ取ることができました。

 

画像で見るのとは、受け取った情報量が全然違います。

 

もう1つが、直に気を感じ取れること。

 

やっぱり、作品に込められたエネルギーが凄く強いです。

気が宿る。ってこういうことだよねって、

多くの人に共感してもらえるじゃないかと思いました。

 

展示会について、直ぐに気になった作品がありました。

他にも気になる作品は沢山はあるんですが、

ある一つの作品だけ、他とは違う、何か別格の力強さを感じました。

 

その原因を探ると、単純に文字にエネルギーが込められていることが分かりました。

それは先生の気が、文字に写っている状態だったんだと思います。

 

そのことを、先生にお話しすると、凄く思い入れがある作品だと仰っていました。

その言葉を聞いて、僕自身も納得できましたし、

気が宿ったものに、人は惹かれるということを知れました。

 

そんなことを感じたからこそ、レインボー般若心経を直接見て欲しいと強く思っています。

 

僕がすごく惹かれた作品、購入させていただきました。

 

今回購入させていただいた作品は、5月5日出展のイベントでも設置してみました。

設置してみると、凄く心が落ち着くような感じでした。

とてもしっくりくるというか、馴染むような感覚がありました。

 

般若心経を飾る。

それだけで何か特別な力が働くのかもしれません。

レインボー般若心経を気にかけてくださる方が、

口を揃えて言う言葉が「エネルギー凄いね」でした。

 

他にも「見ているとなんだか、なんだか落ち着く」

ってことを言ってくださる方も多かったです。

それくらい素敵な作品です。

 

普段は家に飾っていますが、近くのイベントの出展の時には今後もお持ちします。

レインボー般若心経を直接見てみたいという方がいましたら、イベントブースまでお越しください^ ^

佐藤清景先生は、東京で活動されていますので、東北でレインボー般若心経を直接見れるチャンスです。

 

 

先生からは、また展示会を開催する予定だと伺っています。

その際は、僕のブログでもご紹介しますので、

またの機会がありましたら、ぜひ展示会まで足を運ばれてみてください。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP